挑戦自家製酵母

June 17, 2012

グリーンレーズン酵母再挑戦

直前の記事からもずいぶんと日が経ちました。
少々精神的にバタバタしていて,不幸もあったので,ブログの更新まで気も回らず……。
Twitter でうだうだお目汚ししてました(反省

実際,何も作れてなかったというのもあって。
いや食事の支度はしてたんだけど,写真撮るどころでもなく

ぼちぼち再開していけたらなと。


さて。

グリーンレーズン酵母

記事にすらしなかったであろうグリーンレーズン酵母の失敗から?ヶ月(もう忘れた
そのときのレーズンが手付かずで仕舞いこまれていて。
ちょこっとやる気が出てきたイキオイで,佐原文枝さん本を引っ張り出してみる。
写真は3日半経過したとこ。前の晩に2mmくらいのカビ様のものが浮いてて今回もダメかもと諦めかけたのだけど(周囲の液ごとすくって捨てた)起きたらシュワってたからフタを開けてみたら……
写真撮るときには泡消えちゃったけど,上の膜が残ってる。瓶の口のすぐ下くらい
そこまでぶわーーーっと上がってびっくりした。こんなん初めてだ!

元種を仕込むと,2時間くらいで2倍になってしまうという元気のよさ。
これはもう,パンにするしか!
(実際はワッフルかパンケーキ,スコーンとかビスケットパンのつもりで仕込んでたらしい・笑
元種に使ったのは,鳥越製粉 フランスパン粉。
冷蔵庫に入れておいてもムクムクと膨らんでいく。このまま置いといて大丈夫なのか?

ひと晩ねかすのが待ちきれなくて,数時間冷蔵庫に寝かせたあと無理やりパン生地捏ねる。
佐原文枝さん本の全粒粉の食パン生地。
生地には1CWを使用。

ワンローフ成形

2回目か3回目くらいのワンローフ成形。
久々のパンで食パン型(しかも自家製酵母で)は,自分にとってはかなりの冒険だから,パウンド型で。
相変わらず発酵の見極めがぜんぜんダメダメ。
1次は4時間くらいで約3倍。もーちと待つか,パンチ入れてさらに発酵させるべきだったか。
だと,今になって思う。
2次は2時間くらいで生地がダレてきちゃって。毎回2次で時間かかりすぎてスッパイパンになる恐怖から見切り焼き。
待ちきれない,早すぎるのは解ってるんだけど……

でも本人が思ってたより釜伸びしたよ!

パンだ!

ををすごい。ここまでちゃんとパンしてるのは初めてじゃなかろうか(大袈裟?

しっとりもっちり。

もーちとちゃんと発酵具合が正しく判断できたらもっとふんわりになるのかな!
半分は軽くトーストして,半分はそのままスライスで。
前夜に食べた手羽元のカレーの残りとか,その前の野菜のトマト煮の残りなんかを添えて,朝ごはん。


ちゃんと起こせるとちゃんとパンができるのだなぁ…(当たり前だ
と,納得した。


cpiblog00098 at 11:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 09, 2012

初焼きはカタすぎるパン(爆

実は坊ちゃんから半月くらいの間ずっと「(自家製酵母の)カタいパン焼いて♪」とリクエストされてて。
でもとても余裕がなかったから「ごめん,ムリ!」て告知したうえでスルーさせてもらってたんだけど(笑

冷蔵庫の奥に2ヶ月くらい放置されてた,紅玉りんごの皮と芯から起こした酵母液をヨーグルトメーカー巻いてひと晩放置したら「ぷしゅー」と復帰してくれたから。
1CW もカメリヤ類もなくて,あるのは Type-ER とスーパーキング,そして上州地粉と十勝麦王国…(しかも,どれもハンパな量)
良い記憶がないからかなり迷ったんだけど Type-ER で元種を起こして分離されパニックに(笑

それでもメゲずに Type-ER でクッペ生地をなんとか捏ねて,でも生地の表面に水が出てたりなんかされながらも,なんとか出来上がったのが

カタイパン

コレ。
全然クッペじゃない(爆
まさに坊ちゃん念願の「カタい自家製酵母パン」の出来上がり(凹むわ

かろうじてパンの内層^^;

それでもまぁ,以前のカタいパンに比べれば,カットしてみた内層はパンしてる。
かなーり,しっとりもっちり。
生地仕込から1日かけて焼きあがったけど,すっぱくなくて安心した。いつもならスッパイパンに変貌を遂げててかなり立ち直れないことが多いんだけど…パンになった! て感動したもんな。

相方には「なんかヤな感じがする」と言われたけど(笑
酵母のニオイが残ってたからな〜
彼はそのテのニオイが苦手さんだから仕方ない。

やっぱ向いてないのかな,自家製酵母の扱い……。


cpiblog00098 at 10:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 15, 2011

梨酵母のミニバゲット生地で

坊ちゃんの夏休みの宿題にあった作品応募。
どうも,応募作品のうちのひとつが(おそらくクラス単位ではなく学年で)必須ということで。
食育にかかる部分だからかな〜
可能なかぎり(?)地元(あるいは県内)産の食材を使って,休日の朝ごはん献立とレシピを。

しかーし。(久々だなこのフレーズ
なんでこの恐ろしく暑いときに「秋の朝ごはん」を考えないといけないんだ!!(苦笑

てんで,献立を坊ちゃんと考えて,食材を買いにいき…
そのうちのひとつ,梨の皮と芯で酵母を起こしたというのがことの発端。

一昨年の 梨酵母よりも発酵早くて割とスムーズにいった。
と,思う。

梨酵母でハードパン

ミニバゲット生地を仕込んで6分割。
2本はベーコン巻き込んでエピに
2本はチョコチップ巻き込んでねじりスティックパンに
2本はそのまま成形してクープ1本のミニバゲットで。

スティックパンが若干焼きすぎ。
ミニバゲットが1本,ナゼか中心部陥没。なぜだ……

でもこれまでの自家製酵母パンでいちばんパンらしいパンが焼けた気がする(自画自賛〜

でもちょっと,梨酵母のせいなのか粉(Type-ER)のせいなのか,発酵が進むにつれて生地がダレてくるのはなんとかならんもんか。それとも気温が高いせいか?
思いのほかふくらみが良かったから,これで食パン焼いたら……という期待も一瞬したのだけど,こんだけくっつくと あの惨劇(これはすいか酵母だけど)を思い出してしまってどうにもね……。



cpiblog00098 at 09:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 30, 2011

ビスケットパンとヨーグルトワッフル

元種できたとき,ミニ食パンより先に仕込んでいたのがビスケットパン。

いちご酵母ビスケットパン

スコーン同様,若干弱めな酵母でも作れるし,失敗が少ないし,坊ちゃんが好きみたいだし。
いいことづくめの存在(笑
生地を仕込んで(このときに型抜きしちゃうし)数日寝かせたら,寝ぼけててもオーブンの設定温度と時間さえ間違えなければ失敗なく朝から焼きたてが食べられるという優れもの。
寝起き悪いしボーっとしてることが多いから,寝る前にオーブンの温度を合わせておく(デジタルではなくアナログなダイヤル式なので)と点火して予熱するまでの手間がひとつ省けてありがたい。

ヨーグルトワッフル

ビスケットパンの奥に写ってるのはヨーグルトワッフル。
これはベーキングパウダー使用のアメリカンタイプ。
ノンオイルで軽めなんだけど,ヨーグルト効果でもっちもち。
ちょっと好みの分かれる食感かもしれない。
多めに作って冷凍しとくと,温めなおすだけでいいから便利。

いつものパターンだと,ビスケットパン焼いてるときに残り時間が3分くらいになったところで,凍ったままのワッフルを投入。スイッチ切れるとどちらも焼きあがってる。
どちらも家族には概ね好評だし,ありがたいことだ〜。


cpiblog00098 at 08:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 29, 2011

いちご酵母でミニ食パン

1ヶ月くらいほったらかしにしてしまったいちご酵母の液種を,室温に戻してみたらそこそこ元気だったんで元種を起こした。
んだけど,やっぱ室温低いせいか発酵に時間かかって3日間元種の器を出しっぱなしという暴挙に。
その割には生地もきれいに膨らんでくれたな〜とは思う。えらいぞいちごさん♪

いーかげん自家製酵母の「超」酸っぱいパンに嫌気がさしてたんで(ようやくか),巻きつけるタイプのヨーグルトメーカーを購入する決意をする。
【ヨーグルトメーカー単品】巻くだけ簡単ヨーグルター※LKM512以外のヨーグルトやケフィアも作れます。【10P22Apr11】【ヨーグルトメーカー単品】巻くだけ簡単ヨーグルター※LKM512以外のヨーグルトやケフィアも作れます。【10P22Apr11】
で,購入したのはコレ。
ケフィアとヨーグルトの切り替えスイッチがあったから,とりあえずケフィアモードで一次発酵。
室温発酵よりは速いけど,ゆっくりめだったかな。
二次発酵も最初はケフィアモードでしてたんだけど,なかなか膨らまないからヨーグルトモードに切り替えた。そしたら急にむくむくと膨らみだしてびっくり。
発泡スチロール箱にヨーグルトメーカーを敷いて,その上に生地の入った器を置いていたけど,ひょっとするとうちの室温環境ってあたたまりにくいのかもしれない……。

いちご酵母ミニ食

二次発酵終了時まではたしかに2山あったはずなんだけど,焼くとナゼかつながってひと山になる…。
真ん中あたりの筋はその名残(笑

めりっと

真ん中からめりっと割ってみた。
おぉっと,なんか焼きが甘いぞ。
案の定,冷めるとカタい。まだどっかで発酵不足になってるっぽい。

しかーし,今回はパンがほとんど酸っぱくない。
二次発酵で温度が低めだったんだろうと予想する時間のかかり具合があったから,やっぱり少しはいちご酵母のソレとは違う酸味が出てたけど,それでもあまり気にならない程度で済んだ。

しばらくは発酵器のお世話にならないとだな。
酸っぱくない自家製酵母パンが焼ける証明(笑


cpiblog00098 at 08:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 21, 2011

やっぱりすっぱいいちご酵母のミニ食パン

2週前に起こそうとがんばったいちご酵母は見事におかしくなったので(ひたすら Twitter でつぶやいてた気もするけど),またいちご買ってきて続けてた液種起こし。

元種1日目が36時間という超熟もーど(と,勝手に命名)だった割には,2日目以降は12時間とか外出の低温期をはさみながらも適温6時間ちょいとかできれいに発酵してくれた。

から,いい気になってミニ食パンに挑戦してみたら。

いちご酵母でミニ食パンのはずが

1次発酵は8時間くらいでうまくいったのに,その後がヘタレ続けてこのありさま。
ふた山になるはずが,なんか同化してるし。
なんでか,上部が裂けた。その割にはね,釜伸びしてないんだ…

やっぱり酸っぱいパンに…

切ったら詰まってるし。
食べたらすっぱいし。
実ごと元種起こしてるからときおり見えるつぶつぶがかわいい。
んだけど,やっぱすっぱいのはアレだなぁ……

酒粕酵母のときほどではないけど,コレは家族食べてくれないわ。
てんで,なんとかひとりで消費。

とりあえず,酵母さんの「適温」を確保する手段を何とかしない限りはフツーにパンを作るのは困難だということをようやく学習。

元種味見したら異臭もなくヘンな味もしなかった。すこーし乳酸発酵しちゃった? な酸味はあったけど,ミニ食パンのような異様な味歯しなかった。
もったいないから,しばらくはビスケットパンとかスコーン,ワッフルかな。


子供会の役員としての活動もあと少し。
役所に提出する書類と,子供会員の保護者へ周知する会計報告だー。
2年,やっぱ長かった…かな?
最後まで気を抜かないで……と思ったら,引継ぎ資料で次のかたへお渡しした物の中に,最後の書類の記入例入れたままだったことを思い出して凹んだ。
ま 前年度のデータとか残ってるし,そっち参照してしのごう。
やっぱボケボケなままだった。


cpiblog00098 at 08:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 19, 2011

途中までは良かったんだけど

ここしばらく沈黙してた自家製酵母への挑戦。
酒粕酵母にちゃれんじしてみた。
案外アッサリと酵母が起きて,びっくり。
まぁ……酒粕だし?

元種も案外元気よく育ってたんだけど。
パン生地捏ねても予想以上に早く膨らんだんだけど。

酒粕酵母の山食

このままだと夜中(というか明け方?)に焼くことになりそうだったので,点火してないオーブンに突っ込んでそのまま寝てしまい,朝イチで焼いた

山食になるはずだったよくわからない物体

2次発酵がおかしなことになってたみたい。
全然釜のびしないでやんの。寧ろ縮んだ感が。


で,朝焼いてそのまま食べるという暴挙に出たら(めっさ切りにくかった),かじった相方と坊ちゃんの様子がなんか変。

「……すっぱい。


ゑ?


慌ててかじってみれば,酢のよーなニオイと酸味(ひーーーーーッ!


……発酵になにか問題があったんだね……。
丸パンくらいから再挑戦することにするよ(とぼとぼと退場



cpiblog00098 at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 06, 2010

りんご酵母のはちみつワッフル

記事にはあげてなかったのだけど,先週から初りんご酵母に挑戦してた。
初心者向けといわれてるレーズンもヨーグルトも撃沈し続けてるから,同じく初心者向けと紹介されてるりんご酵母ってどうなんだろうと長いこと敬遠してたんだけど。
これまで成功してたのと同じ「生の果物」だからいけるよきっと! と自分を励まして(笑
使ったのは秋映りんご。そのときお店で見た中でいちばんおいしそうに見えたりんごだったから。少し多いかなと思うほどの砂糖を追加しての開始。だって失敗してるときって大抵砂糖不足してるんだもん……。
なんとなく,方向性はみえてきた。

りんご酵母のワッフル

レシピは佐原文江さん本のはちみつワッフル。を,全部薄力粉で。
梨の酵母のとき以上にくせがなくて,食べやすい。
なんだかんだで,これまで成功してきた酵母ってみんな,なんかくせがあったもんなぁ(笑

あんまり奇をてらわないで(もともとしてないはずなんだけど,好奇心には勝てない),オーソドックスにいったほうがいいのかもしんないな〜なんて思いながら食べたワッフルなんであった。
添えた飲み物は 生姜シロップ のジンジャーエール♪

この記事かいてる時点で,ワッフル生地より10数分早くこね上げたはずのパン生地はまだ焼きあがってない(爆 何時間後に焼けるかな〜の二次発酵中。
ワッフルが9時間,パン生地の一次発酵が25時間だったし……やっぱ室温低いのね。
でも発泡スチロールとか使う保温方法って向いてないみたいで,以前散々失敗したからあんましやりたくない。超熟ねらってじっくりゆっくり発酵待つかね〜

cpiblog00098 at 11:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

October 13, 2010

読みが甘かった

いただきもののメロンがあって。
香りはしてくるものの,なかなかやわらかくなってこないからこのままでは傷んでしまうぞっと,10日ちょっと経ったところで切ってみた。包丁入れたとたんに「ぶしゅっ」て聞こえたから(中身は傷んでなかった),種とわたとその周辺のジュース&中身をカットして出た皮の一部を使って酵母を起こしたのだった。ああ廃物利用(笑
直前にレーズンとヨーグルトで失敗してて凹んでたのに,メロンで復活。

しかーし(久々に出たなこのフレーズ

フと気になってちょこっと検索してみたら,やっぱりメロンには「蛋白質分解酵素」が含まれている。
とことん相性悪いけどダメもとでやってみようと継ぐ意味合いも含めてヨーグルト突っ込んだ,メロンのクイックヨーグルト酵母に挑戦してみた。
ら,意外とあっさり完成しちゃって拍子抜け。

1回継いだくらいじゃダメかもしれないけどと思いつつやっぱりダメもとで,元種を起こしてみることに。
気温が下がってきてるせいでちょこっと時間かかってるけど,ちゃんと発酵してるし膨らみもする。フツーに3回継いで元種,若干ゆるいかな? とも思ったんだけど完成。すごくスムーズで,こんなんでいいのかなとちょこっと不安を覚える(笑
たまたま出かける予定があり,1日ちょっと冷蔵庫でねかせておいたらば。

パン生地こねましょうと出してきてびっくり。ミョーにかさが減ってる?
いつもは薬さじですくい取ってる元種が,とろとろすぎてすくえない。
なんとゆーか,練乳みたい(爆
それでもメゲずに,粉,砂糖,塩,元種,牛乳のみでパン生地にしてみる。牛乳はいつもよりだいぶ少なめだったけど,なんかやわらかい生地にこねあがった。
人によってはこねてる最中からどろどろになってったって記述もあったから,それを思えば相当マシな部類なのかも。

やっぱり我が家の室温は発酵に向いてないのか(発泡スチロールとかの保温方法は自分が向いてない),やたら時間がかかったけど,なんか横方向に生地が伸び広がってった気もしないでもないけど,一応膨らんだ。
そっとカードを差し込んで生地をすくいあげて,打ち粉を振った自分の手に取ったら,そのとたんに

でろ〜ん

一応生地としての体裁は保ってたものの,なんかこれちょっとパン生地としてどーなのって感じ。蛋白質分解酵素発動?
でもちゃんとふわっと感と手にくっついた生地に網目状はあったから発酵はしてるんだよなぁ。

成形は無理だと悟ったから,ワッフルベーカーを出してきて焼いてみた。が,やっぱりパン生地だけあって焼きたてをつまんでみたらなんか違和感が(笑
仕方がないからワッフルにすることを諦めて,スプーンで適当に丸くなるよう天板に置き,オーブン個内で(でも保温してない)強制二次発酵。
寝て起きてすぐ焼いたから発酵足りず。やっぱ最低半日以上は置いとかないと無理だったかも。

なんとゆーか,クラストがバゲットみたいな感じになってて,やっぱり坊ちゃんが喜んで食べてた。中身は明らかに発酵不足でみっちりもっちりしてたんだけど。


もーちょい継ぐか,別の方向へ持ってかないとこれは使えねー
というのが正直な感想。
経験としてはおもろかったけど,ちゃんと発酵はしてるからもったいないけど処分かな〜(相方の受けもあまりよくなかったし

フツーにメロンから起こした酵母でパン焼いてる人ってどうやってんだろう?


cpiblog00098 at 08:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

June 23, 2010

梅酵母でマフィンを焼くも

なんかやけにたらんたらんになった梅酵母の元種。
失敗してないんだよね? ね? と自分を励ましつつ,予定が狂ってパン生地こねる気力がぷしゅ〜と抜け出ていってしまったので(どこから?)だらだらとマフィン生地を仕込むことにする。

『『自家製酵母』のパンとお菓子の本』のコーヒーナッツマフィンレシピのコーヒーをココアに置き換えて,なぜかチョコチップを追加。

梅酵母でチョコナッツマフィン♪

写真は焼成後。うん『後』なんだ。
もうちょっと温度上げても良かったのかな? 一応180度で22分ほど焼いてはみたんだけど。

型のサイズを読み損ねて,自宅にあった100均紙マフィンカップのいちばんおっきなのに入れてみたら大きすぎたようだ。生地入れた段階で底から2cm くらいにしかならなかったんだもんな〜。
焼いて膨れて半分くらい。

あれ?

4〜6時間発酵とあったので5時間おいたところで焼いたけど,もっとおいてもよかったんじゃないかなという中身。
つかチョコチップ入れすぎ。

なんつか,かなりビミョーな出来になってしまった。反省。
味は悪くないんだけど,重い(苦笑



cpiblog00098 at 12:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 16, 2010

いちごヨーグルト酵母でビスケットパン

結局作ってるビスケットパン。
酵母の元気が多少不足していても,2〜3日ねかせて焼くからふんわりするところがすき。
発酵具合を気にしなくてもいいしねっ(まて
本のレシピは薄力粉が160g になっているのだけど毎回ベタついて粉を追加してたから,思い切って最初から200g にしてみた。なんかいー感じになった。これからはこれでいこう。

いちごヨーグルト酵母のビスケットパン

ざっくり食感がすきだから,このテのものは「薄力粉 クーヘン 2.5Kg」を使うことにしてる。クッキー類とかスコーン,ビスケットパンはこの粉で作ると自分の好みにとても合ってる。坊ちゃんが気に入ってくれるのも助かる。
クッキーツリー型(星型を重ねてツリーにするやつ)の土台になる丸型で抜いてるから,ちょっと大きめの直径7.5cm。少し食べにくいからやっぱ5〜6cm のセルクル買わないとダメかな〜。

なぜか今回は少し甘めの仕上がり。いちごヨーグルト酵母はそれほど甘くしてなかったと思うんだけど。いちごが甘かったのかな?
おかげで(?)何もつけずに食べたのであった。

写真奥のは,ビスケットパン焼くときについでにあたためなおしたプチバゲット。坊ちゃんはビスケットパンよりもこちらのほうが好きみたい。


cpiblog00098 at 10:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 15, 2010

いちごヨーグルト酵母のミニバゲット

今度こそうまくいくと思ったんだけどなぁ〜〜。

パンケーキ 以来のいちごヨーグルト酵母。冷蔵庫の中で元気だったので,元種を起こしてみた。いちご酵母のときより発酵するのが早かった気がする。

もいちどミニバゲットを作ってみることにする。

いちごヨーグルト酵母のミニバゲット

なんか……ビミョー……。

バゲットには程遠い,ずんぐりした姿になってしまった。いや膨らんでるからいいんだけどさ……なんか相変わらず中も詰まってる。
やっぱり二次発酵が足りないんだとしか思えない。今度こそじっくり待ったつもりしてたのにっっっ。そしてまた開かないクープ。切り込み入ったとこだけとりあえず開いときました〜な雰囲気。なんか腹立つ。
そんなクープを見た相方に「なんか後から彫ったみたいだよね」て言われるし。

見極められる目がほしい(切実



cpiblog00098 at 08:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 06, 2010

いちご酵母の丸パン

ココロが折れた原因(爆
きっと,フツーに丸パンめざせばよかったんだよね,きっと。
ずーーーーっと気になってたんだけどなかなか思い切れなかった(なんか多いなこのフレーズ)フィール・ハニーをようやく購入した。1ヶ月以上放置してたんだけど,このままだと使わずに賞味期限を迎えてしまう可能性があったので,つい。

いちご酵母の残りで丸パンを作ろうと思ったんだ……。

フィール・ハニー入り丸パンのはずが

一次発酵がやたら長い元種だったのを失念して,こねる段階で加えてしまったのだった。
ゼリー部がパン生地の水分吸って,フィール・ハニーの周囲がカタくなってるは,フィール・ハニーそのものは水分吸いすぎででろんでろんになってるはで,生地が扱いづらいのなんのって。
どーいうわけかそれ以外にも表面で乾いてるとこあったし……。

それでもメゲずに分割・成形したのさ
焼いたら膨らんだから期待したんだけど。
焼きたては良いニオイだったしそれなりにおいしかったんだけど。

さめたら一変。

「ナニコレ?」て味と香りに変貌を遂げた。
このテの副材料はドライイースト発酵なパンのほうが向いてるのか,たんに自分の扱い方が悪かっただけなのか。

結局その後,このいちご酵母は使い切られることなく力尽きて処分されたのであった。ごめん。



cpiblog00098 at 09:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 01, 2010

アヤシイものを作ってしまった……(いちご酵母ストレートでプチバゲット

このところしばらく更新滞ってたのは,写真撮ってなくて文字だけ更新だと少しさみしかったから〜。
実際は出来上がり直後のいちご酵母をストレートでパンケーキを焼いてるんだけど,出来上がりがイマイチどころでなかったのと(ナニが間違ってたのかいまだにわからない),それでもおナカが空いてたからあっとゆーまに食べちゃったのとで写真撮らなかったのね。
ごはんはごはんで,このところやる気なし状態が続いていたりもしたから,買い置きしてあるレトルトものとか大活躍。ストックがなくなればおそらくちゃんと作るんだろう(ぉぃ

その後このいちご酵母で元種を起こし,予定通りすすんだところでストレート法でもいける程度に液種が残ってることに気づいたから,プチバゲットいってみよーってこねてみた。実ごと。
レシピは『いちばんカンタンでおいしい!『自家製酵母』のもっちりパンとざっくりパン』のプチバゲット。

いちご酵母でプチバゲットのはずが

今回は一次発酵をちゃんと3倍になるまで待てたのに,二次発酵で待てなかったようだ。
「とりあえずナイフ入ったとこはちゃんと開いときました〜」とでも言われてるよーな「こんなんクープじゃないやいっ!!」という切れ目。中がどーなってるかなんてとてもじゃないけどお見せできない状態。
めちゃくちゃ気前良く詰まってます状態。できれば気前良く気泡がって発酵しきってないんだから仕方ないのか。ナゼ待てない,自分。

そして口に入れるとナゼかコゲ臭い。

230℃15分はキツいのか(でも 以前作ったの はレシピどおりで大丈夫だった。紅茶酵母だったけど),果物の酵母液ストレートだと焦げやすいのか,あるいはまたオーブン火力の微調整が難しくなってるのか。

とりあえずコレは製造責任とってがんばって消費しつつ,できた元種でまた作ろう,プチバゲット。


cpiblog00098 at 10:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 19, 2010

いちご酵母でビスケットパン

ワッフル生地とほぼ同時に仕込んで冷蔵庫でねかせておいたビスケットパン生地。レシピはもちろん佐原文枝さん本から。
以前は同じページで提案されてた「砂糖を減らして少し塩をきかせて」のほうを主に作ってたけど,今回はいちご酵母だからレシピに沿ってみた。

いちご酵母のビスケットパン

ちょっと焼きすぎ。

これまでの酵母と違って,焼いてすぐ食べても酵母の発酵臭がぜんぜんしない。ビスケットパンのときはほとんど条件が同じだから,発酵臭の違いってホントよくわかる。
いちご酵母の今回は,何を作っても相方がひとことも文句言わなかったもんな〜。

案外優秀さんなのかもしれない。


元種継いだいちご酵母がまだ少し残ってるので(ひょっとしたらもう1回くらい継げるかも),すべて食べきったからまたパン作ろうっと。

継いですぐ実行しなかったのは,納豆が食べたかったから(爆
ミツカンの金のつぶシリーズのねぎ黒こしょうたれ味を食べてみたくて。近所で扱ってるとこなかったんだけど,たまたま出かけた先で売ってたので衝動買い。
早速食べたけど,納豆の固定概念にとらわれすぎてるからか「もういっかな」て感想。黒こしょうのピリリ感はあるけどねぎはドコ? で,だしじょうゆたれに負けてる。
坊っちゃんは気に入ってたみたいだけど,大人は1回食べて満足(苦笑


cpiblog00098 at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)