おかし

January 29, 2015

おからドーナツ

先日のかぼちゃドーナツでドーナツ熱に火が付いた(でもすぐ消火した
生おからがたっぷりあったから,一気に消費したくて。

参照したレシピは
Cpicon おからドーナツ by しおりω


おからドーナツ

かぼちゃドーナツでまぶした上白糖+グラニュー糖の残りと,てんさい糖,黒糖のミックスのせいか……
ビミョーに砂糖を増量したせいか……

打ち粉をあまりしたくなかったからラップで挟んでのばして,ドーナツ型だけ打ち粉をしての型抜き。
で,揚げ油の温度が上がるのを待ってたら……しみ出てくる砂糖(笑

それを揚げれば案の定……
の,かりんとう化!

オールドファッション系統の食感とあいまって,なんかもう,好みーーーな感じ。
勢い余って食べ過ぎて,夕飯に影響が出たという。


翌日になってもかりんとう化がやわらぐこともなく,うまうま。



cpiblog00098 at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 25, 2015

酒饅頭

つい,イキオイで……
酒粕を購入していた。

以前購入した時は,酒粕酵母に挑戦するという目的があった。
しかし,今回はどうして買ってきたのかが,謎。

で。
以前酒粕を扱った時に興味はあったけど手を出せずにいた,酒饅頭を作ってみることにした。
酒粕酵母でふくらます方じゃなくて,膨張剤でふくらます方。
重層だと変色するという記載をどこかで見たから,ベーキングパウダー。
いつかはやってみたい,酒粕酵母で酒饅頭。

酒饅頭

蒸しあがり。

酒粕 30g
砂糖 95g 上白糖を使用
日本酒 50
水80

薄力粉 250g
ベーキングパウダー 8g

こしあん 400g といいつつ,420gくらいあったようだ


こしあんは購入した400g 入りのパックを20g ずつに計量していったら,21個になってしまった。
だから,生地も21個に分割。1個分あたり23.5〜24gずつになった。
若干小ぶりなのではあるけれど,自分的にはもう一回り小さくてもいい感じ。
ひとくちサイズの饅頭に慣れてしまっているせいか。

酒粕と砂糖のすり混ぜが足りなかったみたいで,表面がすこしぶつぶつ。
もっと酒粕がなめらかになるように溶かさないといけないんだな。
で,水分に対して粉が多いのか,手粉が多すぎたのか,皮がかためになった(泣
冷める前にまんじゅうシートで包んだから,こしあんの水分がうまくまわって馴染んでくれることを期待。

出来立てをほおばって,おおむねまんじょく。
冷めて馴染んだものを食べる楽しみもできた。

しかし,どこにも出す予定のない21個は多いな……。



cpiblog00098 at 08:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 20, 2015

かぼちゃドーナツ

お菓子を作る気分があまりノらなくて,ほとんど作っていなかったりしたのだけど。
相変わらず突然「コレ食べたい」になるんである。

で,今回はかぼちゃドーナツ。

marimo cafe さんの ハロウィンに♪ かぼちゃのドーナツの作り方♪ を参照させていただいた。
生地にシナモンとオールスパイスを追加して,まぶす砂糖はグラニュー糖と上白糖を半々くらいにするという変更を加えて。

かぼちゃドーナツ

ドーナツ揚げるの何年ぶりだろう〜
というくらい,久々のドーナツ。
ドーナツの本,どこにしまったからわからない。

と言ったら坊ちゃんが「?????」という顔をして……
ビタントニオのバラエティサンドベーカーを指さした(笑

アレは焼きドーナツだから。
焼きドーナツと揚げるドーナツは別物だから。

親,力説。



cpiblog00098 at 18:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 31, 2014

色止めがうまくいきすぎて

おかしい……

かぼちゃ入り紫いも蒸しパン

予定と色が違う……

何度見直しても,違う……(そらそーだ
どうやら,紫いもに加えたレモン汁が多かったようだ。

しょっくー

かぼちゃ入り紫いも蒸しパン

ハロウィーン用おやつのつもりで,紫いも蒸しパンにかぼちゃを入れて。

覚書。
#7グラシンカップ15個分

紫いも 正味150g
レモン汁 小さじ2(紫色をきれいにしたい場合

グラニュー糖 65g
牛乳 160~180
サラダ油 大さじ2 1/2
薄力粉 160g
ベーキングパウダー 6g

かぼちゃ 正味100g

紫いもは皮を厚めに剥いて適当なサイズにカットし,水にさらす
(諸事情により外掃除に没頭していたら2時間水にさらしていた結果に)
じっくり蒸して,フォークでざっとつぶし,冷めてからレモン汁を加えておく
鮮やかな赤紫色に変化するが,問題ない

かぼちゃは種,わた,皮を除いて1儚僂らいに刻んでおく(生のまま)

↑にグラニュー糖,牛乳,サラダ油の順に加えてよく混ぜ
薄力粉とベーキングパウダーをふるいながら加えて混ぜる
まだ粉が残っているあたりでかぼちゃを加える

カップに流したら湯気のあがった蒸し器にセットし,強火で10分


少しくらい青緑色部が欲しかったんだけど,紫いもにレモン汁を加えてから時間が経っていたから,たぶん中までしみちゃったんだろうね(ぐっすし
かぼちゃの皮を薄めに剥いたのがビミョーに映えてるから,まあよしとする。



cpiblog00098 at 15:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 17, 2014

いちごみるく蒸しパン

なんとはなしに突然作りたくなったもの。

いちごみるく蒸しパン

35%くらいの砂糖で煮たジャム用いちごが保存してあって,それを蒸しパン生地に加えたらどうだろう。

ビミョーな色なのは,蒸しパン本体に加えた砂糖がてんさい糖だから。
グラニュー糖にしておけばよかった……。

薄力粉105g,ベーキングパウダー5g,てんさい糖30g,煮いちごシロップごとで60g,牛乳が追加しすぎて分量わからない状態。
底径φ4.5僂離ップに6〜7個分になるはず。
中に敷いた#7グラシンカップほぼ満タンで6個。
牛乳追加による混ぜすぎであまり割れなかった,卵なし油なしバクハツ系になるはずだった蒸しパン。

蒸したてはいちごの酸味がだいぶ強かったけど,冷めたら落ち着いていい感じ。
薄力粉はフラワー使ったけど,なぞのもっちり感がある。

すんごいいちごの香りがするよーーーー




cpiblog00098 at 08:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 09, 2014

桜あんよもぎ蒸しパン

4月に入ってから桜あんを買うというぼけっぷり。
というか,桜あんを売ってるお店に入ったのが4月になってからだった……。

あんこは好きだけど,桜あんはそのまま食べるのはちとつらい。
何かが作りたいんだけど,それがナニかが自分でも良くわからない。
オーブンをまだ買ってないから焼き物は難しい。

となると,蒸しパン?

桜あんよもぎ蒸しパン

蒸しパン生地に粉末よもぎを加えて,中に桜あんを適量。
あんこを入れるから,生地の砂糖量は減らして。

桜あんよもぎ蒸しパン

ほんのりバクハツ系。

予想どおりの仕上がりに,まんじょく。
思いのほか良いできだったので,習い事のお迎え時にママ友さんへお福わけ。

残りは坊ちゃんの夜食に消えた。

桜あんはまだまだあるから,また作ろっと。


覚書

桜あんよもぎ蒸しパン #7グラシンカップ10個分

薄力粉 150g
ベーキングパウダー 6g

粉末よもぎ 5g
てんさい糖 35g
牛乳 160g
サラダ油 大さじ2

桜あん 1個当たり18〜20gくらい
※あんの袋から直接絞りいれたので,正確量が不明

牛乳で砂糖をとかしつつよもぎを戻し,サラダ油を加えたところに粉をふるい入れ。
カップの底に生地を少量流してあんを落とし,残りの生地で覆って10〜12分蒸す形式。



cpiblog00098 at 08:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 23, 2014

黒ごまときなこのショートブレッド

昨年の焼き納めは,部活3年生の送別会へ差し入れたおやつ。

焼き納めは黒ごまときなこのショートブレッド

panipopoさんレシピで。
おろししょうがを自分味覚で入れすぎて,隠し味になりきれなくなった(爆

生姜ニガテさんがいたはずなんだが……無事だった模様。
ほっ



cpiblog00098 at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 21, 2014

ようやくひと息

御無沙汰を重ねております。

年末に「はじめての引越し」(まるで「はじめてのおつかい」のようだが,自分で行う「家具を伴う引越し」は初めてなのである)を経験し,手さぐり状態でヌケ多数の中,なんとか生活の基本を整えようと奮闘中。
なんせ,配偶者の実家で同居(つまり,家具を整える必要がなかった)からの世帯分離。
ないないづくしの中(先立つものもない(笑 なんとかやってます

収納箇所へおさめるべき家具が足りない。
もともと持っていたものをようやくおさめきれたから,次はこの問題を何とかしないとどうしようもない,というところへようやくたどり着いた。
意見の摺合せができない夫婦なもんで,要領が悪いだけである(笑

もともとオーブンも電子レンジもない生活をしていた身,どちらもなくても当面はなんとかなるもので。
でもさすがにオーブンがないのはストレス(苦笑

みたらしだんご♪

オーブンや電子レンジがなくたって,作れるおやつはあるんだもんねー。
と,みたらし団子を作る。

ホントは串に刺して団子を焼きたかったのだけど,そこまでしてたら間に合わないから。
簡易バージョン,こねて丸めた団子を茹でて,しっかり水気を切ったところにみたらしたれを絡める。

とある休日練習の差し入れに,できたてをお届け。

「みたらし団子って,作れるんですねぇ……」
買った方がおいしい場合もあるのよ…
どちらかというと,自分にとってみたらし団子ってこっち。
でも作るのは,自分好みのモノにたどり着けるかどーかという,本人の拘りの問題だから(笑



cpiblog00098 at 09:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 15, 2013

アイスボックスクッキー♪

あまり余裕はなかったのだけど,なんとなく模様をつけたくなったのが動機で。
アイスボックスクッキー生地を仕込んでた。

アイスボックスクッキー

でもやっぱり余裕がなかったから,もっときれいに仕上がるはずが,なんだかガタガタ(笑

抹茶とプレーンで市松ちっくに。
ココアとプレーンでしましまに。

見た目も楽しんでもらえたようで,よかったけど
「あれは芸術的だと思います♪」は言いすぎです(笑

状況が落ち着いたら,また違う模様でなんか考えよっと。



cpiblog00098 at 10:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 12, 2013

ブランデーケーキ

寒くなってきてから,どーにも食べたくてしかたのないものがあった。

ブランデーケーキ。
しかーし,相方は体質的にお酒がダメ,坊ちゃんは当たり前だが中学生だから無理。
自分しか食べる人がいないのに,1本焼いても困ってしまう。

だったら差入れのオトナ仕様に入れてしまえ♪
てことで,焼いてみた(笑

ブランデーケーキ!

これは出来上がり直後。これからねかせるよーってところの写真。
カット時の写真撮り忘れた……。

普段のパウンド配合の,粉を25gくらい(残ってただけ全部)アーモンドプードルに置換。
生地に60佞離屮薀鵐如爾魏辰─ぞ討上がり直後に60佞離屮薀鵐如爾鮑毛で塗り。
ラップで包んで(翌日にラップを取り換えて)10日ほどねかした。
生地に混ぜた方はともかく,塗ったほうは予熱でもーちとアルコールが飛ぶと思ったのだけど,これが予想外に残ってた。
ブランデーケーキなのに砂糖控えめで焼いたから,若干好みが別れてしまうかもー。
自分はこれくらいが好きなのだけどね。

ずーっとお酒飲まない生活してるせいか,味見の1切れで酔っ払っちまったい。
あわてて注意書きを追加して包んだよ。

その後,このケーキを差し上げたかたから美味しかったと感想をいただいて,うれしかった。



cpiblog00098 at 08:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 10, 2013

大きなさつまいもで

ご近所さんからさつまいものおすそ分けをいただいたのだけど。
「大きなさつまいもを貰って困っている」というのを,ミョーに納得。

1本がラグビーボールみたいに巨大で,うちのキッチンスケールは1垠廚世ら全体は量れなかったのだけど,調理時に皮をむいた正味量だけ量っても2垓瓩ったから,トータル予想は2.3〜2.5圈
おもっっっ!!
以前も大きなさつまいもをいただいたことはあるけれど,それよりもはるかに大きかった。
が,これが意外と大味でなく甘くておいしい。

スイートポテト
これは一部

全卵タイプのスイートポテトにした。
砂糖の選択を誤ったらしく(グラニュー糖使用),かなーりさっぱりな仕上がりになった。
「これはこれでおいしーけど,スイートポテトかと言われたらなんか違う」とまで言われる始末。

くっくやしくなんかないやいっっっ


先日の大会差し入れの,メインを張りました(笑

芋そのものの味を知りたかったから,一部を取り分けて鬼まんじゅうに。
こちらは家族と,さつまいもを下さった奥様へのお福わけ。

cpiblog00098 at 11:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 29, 2013

ホワイトチョコをサンドした抹茶クッキー

こちらも行き場を失って途方に暮れた(笑)ひと品。

抹茶クッキーにホワイトチョコをはさんでみた。
のだけど……

抹茶クッキーのホワイトチョコサンド

どーにも焼き色がついてしまうーーー(泣
焼成温度と時間はかなり気にしたんだけどなーーー

というわけで,一応すべてをチョコサンドにしたものの,比較的無事だったもののみを包装した。

おコゲ〜☆

こちらはオーブンの加熱ムラにひっかかって完全に中まで茶色に色づいてしまった組。
ほんのーーーーり,抹茶の渋みが後味でやってくる(笑
けど完全に,フツーに香ばしいクッキー味。

むぅ


無事だった一団は,習い事の先生たちへお福わけという形で☆
ビミョーに残った分は,坊ちゃんがやたら気に入ってたから,きっとほっといても勝手に食べるだろう。



cpiblog00098 at 08:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 26, 2013

カラメルアップルのパウンドケーキ

chococo さんレシピの カラメルアップルのパウンドケーキ を,ハロウィンカップで小さめに。

カラメルアップルのパウンドケーキ

大会差し入れのひと品のはずだったんだけど,台風27号のおかげで大会が中止に。
この日をおいしいピークに計算して焼いてるから,それ以上置くと風味は格段に落ちる。

うーむ。
というわけで,包装したそのまま冷凍庫へ。
我が家の冷凍庫は常に満タンにほぼ近い状況だから,どーやって入れたものかとても考えたのだけど。
前夜にいろいろ手を加えて,なんとか空きを確保。
だいたい収容できて,ほっとしたー。

ハロウィン過ぎてもハロウィンカップのケーキを食べ続けることになるぞ(笑



cpiblog00098 at 08:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

October 23, 2013

かぼちゃのスティッククッキー

以前焼いた かぼちゃのスティッククッキー
配合いじって粉を変えたら,なんだか別物になっちゃった感。
かるーいサクサクになった気がする。

かぼちゃのスティッククッキー

覚書。

天板4枚分

強力粉 160g スーパーキング使用
薄力粉 120g フラワー使用
ベーキングパウダー 6g
かぼちゃパウダー 25g
シナモンパウダー 小さじ1
オールスパイス 少々 フォション(S&B)の瓶入りの場合で6振り程度
グラニュー糖 80g

バター85g

卵 2個 L〜LLサイズ使用


カットしづらかったから,1僂らい幅にして
焼成は160℃18分,130℃10分。

塩を入れなかったら味がしまらない。
卵が大きすぎたようで,生地がゆるい(でも粉を追加するほどでもなかった
で,カット時に包丁に張り付く張り付く……
そして荒れる生地表面。

砂糖はもともとの分量通りでよかったかもしれないな。
少し甘みが強くなっちゃった。

やっぱり元レシピのが良かったと思った。
かぼちゃパウダーだけ増量はありだと思うけど。



cpiblog00098 at 09:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 21, 2013

はちみつ生姜とオートミールのビスコッティ

なかなか減らない,ジンジャーシロップの新生姜。
この前のシフォンもなかなかよかったけど,ほかに何かないかなーと探していたらみつけたのがコレ。

Cpicon はちみつ生姜とオートミールのビスコッティ by uronn

ほほぅ,がっつり生姜だわ。

はちみつ生姜とオートミールのビスコッティ

よく焼くビスコッティは,生地に油脂とアーモンドプードルを入れることが多いから,割とサクサク系。
これは,ノンオイルなうえにはちみつ生姜の水分とあいまって,ガリガリ系。

いやー,坊ちゃんのツボにはまるはまる(笑

今年のはちみつ生姜は新生姜がかなり辛めだったようで,煮魚に加えて魚と一緒に供してもあまり食べてくれなかった。
それがこれはぼりぼりと。
相変わらずガリガリ系すきだねー。

しかーし。
買ってたスーパーからオートミールが消えてしまったので,売ってるところを探すところから。
になった……

いつの間に取り扱い止めちゃったんだろ



cpiblog00098 at 10:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)