おかし

May 19, 2021

これも黒糖蒸しパン

食べてから出たり帰宅してから食べたりそもそも出かけなかったり。
で,弁当作ってない日々。

だからじゃないけどなんか蒸しパンづいている今日この頃。

これも黒糖蒸しパン

前記事 の黒糖蒸しパンのときに思った「大きく作るなら」を実際に。
といっても配合違うけど。今回は水分を卵と牛乳で。
水と油のときより蒸しケーキ感出た。
けど生地が泡立つから出来上がりの中もぼこぼこ穴あくねー。
前回と黒糖が違うから色薄めのところに卵と牛乳でさらに淡い色に。
これはこれですき。

薄力粉 100g
重曹 3g
黒糖 70g
水あめ 大さじ1
塩 ひとつまみ
牛乳 80
卵 1個
米酢 大さじ1

を15儚儼燭30分蒸し。26兢籠にジャストサイズー
18儚儼燭肋籠に入らんかった(笑
ちょと重曹のにおいが食べた後に残る気がしたから,酢は大さじ1では少し足りないのかな?
1 1/3か1.5くらい要るのかもしれない。





cpiblog00098 at 07:33|PermalinkComments(0)

May 12, 2021

黒糖蒸しパン

ずっと前から気にはなってたんだけど実行だけしたことがなかった蒸しパン。
重曹+酢ばーじょん。
早い話がふくれ菓子だね。
今回は卵なしタイプで作ってみた。

黒糖蒸しパン

通常の蒸しパンよりきめが粗い感じ。

覚書としては
薄力粉 100g
重曹 3g
黒糖 74.5g
水あめ 5.5g
塩 ひとつまみ
水 100
太白胡麻油 大さじ2
米酢 大さじ2

黒糖がハンパだったから水あめを足して合計を80gに。
普通の蒸しパン作る感覚でカップを5つ用意してたら,生地に酢を加えるなり倍くらいに泡立って膨らんだため慌ててカップを追加。
いつものサイズ(#7グラシンカップ)で10個分。
強めの火で13〜15分蒸し。
大きく作るなら手持ちだと18儚儼燭砲覆襪里なこれ。

黒糖蒸しパン断面

ふわふわなんだけどもっちりな不思議な感じ。

黒糖きな粉蒸しパン

比較対象に先月の黒糖きな粉蒸しパン。
使ったきな粉が十種雑穀はとむぎきな粉だっただけあって「雑穀蒸しパンだね」な風味。
あれは焼いた方がいいかもしれん,香ばしくて。

こちらもこちらでテキトー配合
薄力粉 130g
十種雑穀はとむぎきな粉 20g
ベーキングパウダー 6g
黒糖 50g
塩 ひとつまみ
卵 1個
牛乳 130
サラダ油 大さじ2

卵入りなのに爆発したやつ。

黒糖きな粉蒸しパン断面

断面の密度が全然違う。


cpiblog00098 at 12:31|PermalinkComments(0)

February 15, 2021

さつまいもトリュフ

近所のスーパーで製菓用チョコレートを買えばいいやと思っていたら。
なんということでしょう,今年は手作りチョココーナーがない。
まあしょーがないよね。

さつまいもトリュフ(チョコレート不使用)
←前者      後者→

ということで,メインにさつまいもを据えて。
謎の並びは製法が違うから。見た目じゃわからんて。

片方は,蒸したさつまいもを裏ごししたらナゼか水っぽくなり。
ココアパウダー混ぜたら多少締まるかなと思ったけど全然どーにもならなくて。
腹いせ(?)に練り上げて丸めてココアパウダーをまぶしたら食感が団子になったもの。
なにこのねっとり具合。
あれか。いももち。

片方は,蒸したさつまいもをフォークでざっと潰したものを丸めてココアパウダーをまぶしたもの。

どちらも,甘味足しにはちみつ,風味づけにラム酒を加えてあり。
後者にはシナモンパウダーを少々。

前者を出来上がり直後の味見で半泣きになり,予定外に後者を作ったのだけど。
前者,時間が経ったらそれなりになじんだ(笑
相方は前者の方が好みらしい。謎だ……。



cpiblog00098 at 10:14|PermalinkComments(0)

January 12, 2021

こぼれ梅の酒饅頭

はじめて見たからつい買ってしまった,こぼれ梅。
なんじゃこりゃと思ったそれは,味醂粕。
容量が小さかったから思いきれた(笑

こぼれ梅の酒饅頭

要改良品。

元にしたレシピは通常の酒饅頭。
味醂粕は味見してみたら甘かったし,と砂糖を2割ほど減らしたら皮がかたい。
粕をのばす味醂か生地用のお湯を増やすべきだったね。
粕はもっとあってもいいかも。

酒粕を使う酒饅頭ほどお酒のにおいはない。
やさしい甘さでつい手が出てしまう。

もしかしてこれ,以前からの野望できるかも……?
今のところに来てからイチゴヨーグルト酵母以外成功したことないんだけど(最大の謎



cpiblog00098 at 07:41|PermalinkComments(0)

November 18, 2018

薯蕷饅頭

芋まつり続き,そして最終話。

べにあずまと一緒に入手してきたのは,ダイジョの一種。
あたたかい地方のヤマノイモで,とても粘りが強いとのこと。
施設の人(たぶん先生のひとり)と予想外にめっさ盛り上がってきた(笑
何しに行ってんだ自分。
いや大学側の「交流」というという目的には沿ってるんだろうけど。

かなり粘りが強いということで,とろろ以外で一度やってみたかった。

薯蕷饅頭

薯蕷饅頭むずかしい。

粉と芋を合わせるのがどうにも。
いや,混ぜていくのは楽しいんだ,中華まんのベーキングパウダー段階みたいで。
(中華まんは一次発酵のあとでベーキングパウダーを混ぜる方法で作ってる)
初めてにしてはうまくいった方だとは思うのだけど,生地の状態の見極めが難しい。
餡を包むのも,利休でだいぶ慣れてたつもりだったけど,まだまだ。

思ったようにならなかった原因は,たぶん粉不足か芋生地に含ませる空気の不足。

まだとろろすら食べてないのに,薯蕷で使い切りそうでこわい(笑

cpiblog00098 at 08:58|PermalinkComments(0)

November 15, 2018

鬼まんじゅう

坊ちゃんは農学部のある大学に通っている。
(いい加減年齢的に「坊ちゃん」はきついなと思いつつ,どう書いたものか悩み中なので今しばらく違和感とお付き合いください)

農学部がある,つまり農場がある。
農場がある,つまり作物がある。

一般公開されているイベントを発見したらもう行くしかないよね!
というわけで朝も早よから家を飛び出して行ってきた買ってきた。

芋。

近所のスーパーは最近「べにあずま」を置いてない。
ほとんどが「べにはるか」か「べにゆうか」に「なると金時」,たまに見かける「べにまさり」。
ごくまれに「シルクスイート」だったかな。
ほんとにみなくなった。なんでだ。
けっこう好きなんだけどな。

鬼まんじゅう

というところで久々のべにあずま。

砂糖28%ばーじょんにしたのにあっさり。
べにゆうかだと28%はもっと甘く感じる。
糖度の差か個体差か。

久々に作ったからか,あっという間になくなってしまったー。
芋,正味430gくらいあったから結構な数できたのに。


cpiblog00098 at 09:57|PermalinkComments(0)

November 14, 2018

ほうじ茶蒸しパン

探している茶葉があって,行動圏内で見つかるかなと売り場をみていたらたまたま見つけた粉末ほうじ茶。
製菓用じゃなく飲用で売ってるのは初めて見た。
目的のお茶は見つからなかったけれど,これを購入して帰宅。

手持ちの本レシピだと,濃いめに淹れたほうじ茶&砕いた茶葉の二段構えだけど,粉にほうじ茶パウダー混ぜちゃえばまるごと入るじゃんと思って。

ほうじ茶蒸しパン


だいぶ濃いめだった覚書。6個分

薄力粉  100g
ベーキングパウダー  4g
ほうじ茶パウダー  3.5g

卵  1個
砂糖  60g
牛乳  50cc
サラダ油  大さじ1

液体に粉を加える方式。
器に対して生地が多かったから,中火で11分。

そんな気はしてたけど,お茶多すぎた。
2.5〜3gのどこかが適正量な気がする。

これはこれで自分好みではある。



cpiblog00098 at 13:04|PermalinkComments(0)

August 24, 2017

杏仁蒸しパン

すこし前に作ったもの。

いつもながらのトートツに「杏仁風味のなにかが食べたい」(杏仁豆腐以外で)という気分になり。
以前なら杏仁シフォン焼いてたんだけどそういうわけにもいかず。

だったら蒸しケーキだ♪

と,なったのだけど。

杏仁蒸しパン

生地ができてから気づいたよね

「あれ油どこいった?」

ノンオイルの蒸しパンになっちゃった(苦笑


覚書:#7グラシンカップ12個分くらい

薄力粉       160g
杏仁霜         50g
ベーキングパウダー  8g

卵           2個
砂糖         60g
牛乳        80

予定ではここに太白ごま油を大さじ3〜4くらい入れるはずだったんだけど。



cpiblog00098 at 11:05|PermalinkComments(0)

May 15, 2017

フライパンで紅茶のケーキ

先週後半,不調から復活したと同時に,だいぶ前からやってみたかったことを。

我が家のグリルでは,ケークサレは何とか焼けるけど,甘いケーキにすると最弱火でもコゲるんだよね。
SIセンサーの揚げ物温度設定を使ってパンケーキを焼いてたときに,ふと思った。
これでケーキ焼けないか?

2年越しくらいでようやく実行(遅

フライパン焼き紅茶のケーキ


20僖侫薀ぅ僖1台分

卵  2個
グラニュー糖  80g
牛乳  40g
紅茶の葉  2.5g(大きい茶葉の場合は,キッチンペーパー等で挟み包丁で刻んだり,ミルなどで砕く)

*薄力粉  120g
*ベーキングパウダー  10g

食塩不使用バター  50g(溶かして粗熱をとっておく)


上から順に泡だて器で混ぜていき,*は合わせて振るい入れゴムべらに持ち替えてさっくり混ぜ
溶かしバターを加えて手早く混ぜたら,油(分量外)を塗るかオーブンシートを敷いたフライパンに流してコンロの最弱火にかけ,SIセンサーの160℃に設定
蓋をして22分焼く
好みで裏返して焼き色を付ける


オーブンシートを敷かずに焼いた後,上面がさみしかったから焼き色を付けようとひっくり返したら,底面の焼き色ついた部分の粉がついてしまった(笑
紅茶葉との違いがわからない〜〜。

あれだね「ぐりとぐら」のかすてら,同じではないけど。
割とふわふわにできたと思う。

グリルパンも 20 だったよな。
あれはたしか金属蓋をあとから買い足したはず(肝心のグリルでは蓋が熱源に近すぎて過熱になってしまい使えないんだけど
こちらもやってみたいなー,いつになるかわからないけど。



cpiblog00098 at 09:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 05, 2017

苺のカップレアチーズケーキ

お世話になっている方のお誕生日が近いので。
ゴールデンウィーク過ぎくらいまであると思ってて,でもこのところで一気に暑くなったからか,買いたいと思った2日くらい前まではたくさんあったのに,買いに行った当日はいちご,ないでやんの(汗
まいったね。

プレーン生地以外のレアチーズケーキを作ったことがなかったから,たっきーママさんの 混ぜるだけ簡単♪苺のカップレアチーズケーキ を参照させていただいた。

いちごのカップレアチーズケーキ

自分の分を撮ったらなんかさみしい。
器に対してレアチーズケーキ部が少ないのね(爆
他のはもっと入れてあるんだよ!(言い訳

口金が,以前焼きドーナツを作るために出した φ 1 くらいの丸口金以外を他の製菓道具とともに奥深くしまったままで,かといって丸口金でドーム状に絞り出すウデもなく(泣
最近やたら手が熱くなるからクリーム入りの絞り出し袋を持ちたくないというのもあって。
スプーンで落とすという雑っぷり……。


cpiblog00098 at 07:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 14, 2017

桜餅

ちょくちょく購入していたお店から桜の葉が消えてしまった。
その後,桜の花の塩漬けも取り扱いがなくなってて地味に凹んでる。

ぼやいてたら,相方が職場の近くの富澤商店に寄ってきてくれた。
しかーし。自分基準ではここの桜葉はひとまわり,ふたまわりくらい大きいんだな。
しかーし。近くで取り扱ってるお店がもうわからない状態で落ち込んでた自分に気を遣ってくれてるのだから,文句を言っては罰が当たる。

で,作ってみた。

桜餅

やっぱりちょと大きいんだな,葉っぱ。
光の加減で道明寺の色具合がきれいに見えないのが残念ーーー。

葉っぱに合わせて道明寺の量を決めたら多分,大きすぎるんだよね。
食べづらくなる。

今回は,道明寺を 20 フライパンで炊いた。
何度やってもうまくいかなかったのに(水っぽく仕上がる),少しかための仕上がりに。
ぅぉー好みのかたさに炊きあがったよーーーーって台所で小躍りした中年がひとり。

自分は鍋で炊くよりフライパン炊きの方が向いているのかもしれないと思った……。

あとは,10枚入りのはずだったのに(そのつもりで全量を)塩抜きのために水にはなしたら13枚出てきたのはいったい……。
数の確認って,だいじ。



cpiblog00098 at 15:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 14, 2016

ジンジャーガナッシュ・チョコレート

今年の生チョコは,panipopo さんレシピで。
ジンジャーガナッシュ・チョコレート を参照させていただいた。
テンパリングをする気合と根性が今年は全然ないから,カカオパウダーをまぶすだけの生チョコで。
あいかわらずチョコレート作業はニガテですとも。

ジンジャーガナッシュ・チョコレート

使ったレモンが大きかったか,蒸らし時間がレシピより長かったせいか(待ってる間別のことをしていた
レモンの風味がより強く出てしまった。
探さないと生姜がわからないのだけど,これおいしい。
いずれまた作りたい。

そして我が家には,ピールニガテさんが1人。
「生チョコ生チョコ〜♪」とひとつ口に入れて,カオがきゅーーーーーーーっとなってた(笑
そこまでレモン皮,強くはないんだけどな……。


そっか,ダメか。


生クリーム残ってるから,以前作って気に入ってくれてた フレンチブルー・アールグレイのトリュフ を,もっかい作るかね……。
て,思った。


cpiblog00098 at 08:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 25, 2015

クリスマスイブに利休

この時期は,ほかの時期に比べてオーブンがないことを嘆きたくなる。
これまでの数年,シュトレンやクグロフ,レープクーヘンを焼いていたせいだよね。

それでも「ない」生活を受け容れたのは自分。

どーせクリスマスにケーキ焼いても坊ちゃん食べてくれないし。

ひとくち利休

というわけで(?)前日に利休を作ったのだ。

24日は夕方に自分の予定が入ってたし,持参。
わくわくした表情で「これはなにかな〜?」と袋を開けようとする方に
「今日は(クリスマス)イブなのでー,まんじゅーです」

「……はい?」

「まんじゅーです,まんじゅー。」

その後「これはどーいうことですか」と問いただされた(笑


ごめんねまさかの展開で(悪いと思ってない



cpiblog00098 at 09:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 10, 2015

紅玉のジェリージャム

いつも買うお店で,今年は紅玉の時期がとても短かった気がする。
出るのを待ってたら,出始めと自分のスケジュールがかみ合わなくて買えずにいて……。
気が付いたらもうおしまいの雰囲気に,慌てて購入。
なんとかやりくりしての,ジェリー作り。

紅玉のジェリー

今年のりんごは1.3kg。
ジャム瓶3つと保存ビン1つ,ビミョーに余ったからマーマレードの空き瓶に半分弱くらい。

ジャム瓶のほうが見た目がきれいだから,先日本をお借りした方のところへお礼に持参。


ひたすら煮たりんごのエキスを重力に任せて漉しとっている間に……
ナゼか該当サイズがあるはずなのに見つからない保存ビンとそのフタを求めて出かける。
あれだけ探して見つからないってことは,別の物詰めてどこかへお届け物したなー。
これまでは車で乗せていってもらうことしかなかった隣市のお店へ自転車で向かっている筈が

途中(しかも家からは半分以上進んだ先)から安定の迷子。


もはや才能。
その後,あの辺の地理に明るそうな人と話したら。
「そこからどうやったら迷子になれる!?」と驚かれる。
仕方なかろう,迷子になっちゃったんだから。

「ま 走ってたらそのうち(目的地に)着くし?」
「それはキケンな考え」

呆れられてた気がする。


cpiblog00098 at 14:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 06, 2015

ほうじ茶ゼリー

このところ,機会あって「日田天領水」を飲んでいる。
買い続けるには飲むペースが尋常でなかったから,我が家では「あるうちだけ」の期間限定だ。

最初はフツーに水として飲んでいたのだけど,いろいろオススメされたから手を出してみる。
ほうじ茶淹れたら,水道水を沸かして淹れた同じお茶と味が違う……。
こちらの方が飲みやすいから,これは使えるかもしれんとゼリーにしてみた。

ほうじ茶ゼリーその2

こちらは,お届け物ばーじょん。
シロップはタレビンで別添。

ほうじ茶ゼリーその1

こちらは,タッパーでまとめて固めて器に盛った,我が家用。
たっぷりシロップで食べると,お茶の香りが引き立つ。


こないだのアメリカンドッグ が作りすぎの食べすぎで少々内臓が弱ってたから,ちょーどよかった。
自画自賛。



cpiblog00098 at 09:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)