May 12, 2021

黒糖蒸しパン

ずっと前から気にはなってたんだけど実行だけしたことがなかった蒸しパン。
重曹+酢ばーじょん。
早い話がふくれ菓子だね。
今回は卵なしタイプで作ってみた。

黒糖蒸しパン

通常の蒸しパンよりきめが粗い感じ。

覚書としては
薄力粉 100g
重曹 3g
黒糖 74.5g
水あめ 5.5g
塩 ひとつまみ
水 100
太白胡麻油 大さじ2
米酢 大さじ2

黒糖がハンパだったから水あめを足して合計を80gに。
普通の蒸しパン作る感覚でカップを5つ用意してたら,生地に酢を加えるなり倍くらいに泡立って膨らんだため慌ててカップを追加。
いつものサイズ(#7グラシンカップ)で10個分。
強めの火で13〜15分蒸し。
大きく作るなら手持ちだと18儚儼燭砲覆襪里なこれ。

黒糖蒸しパン断面

ふわふわなんだけどもっちりな不思議な感じ。

黒糖きな粉蒸しパン

比較対象に先月の黒糖きな粉蒸しパン。
使ったきな粉が十種雑穀はとむぎきな粉だっただけあって「雑穀蒸しパンだね」な風味。
あれは焼いた方がいいかもしれん,香ばしくて。

こちらもこちらでテキトー配合
薄力粉 130g
十種雑穀はとむぎきな粉 20g
ベーキングパウダー 6g
黒糖 50g
塩 ひとつまみ
卵 1個
牛乳 130
サラダ油 大さじ2

卵入りなのに爆発したやつ。

黒糖きな粉蒸しパン断面

断面の密度が全然違う。


cpiblog00098 at 12:31│Comments(0) おかし 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔