February 28, 2015

グリルでスコーンを焼いてみる

冷蔵庫の奥深く,もはやいつ漬けたのかさえ覚えていないクランベリーのグランマルニエ漬けをはっけん。
これ絶対,内容量減ったからって瓶の入れ替えしたときにラベル貼り直し忘れたんだよ……。

で。
だいぶ前の記事 紅茶とクランベリーのスコーン を持ち出して,グリルでスコーンを焼いてみた。

紅茶とクランベリーのスコーン(グリル焼き)

違う点といえば
・バターをサラダ油に置換
・きび砂糖をグラニュー糖に置換
・牛乳を66gに減量

これでもまだ牛乳多いのか(驚
もとレシピって,どーいう生地状態だったんだろう…と不安を覚える。
すっかり忘れているけど,とりあえず大変だったというおぼろげな記憶。
うーむ。

グリルパンにオーブンシートを敷いて,1.5儻みに伸した生地を小さめの適当にカット。
無水両面焼きグリルの最弱火で5分,蓋をして1〜2分のところでエラーを吐かれる(高温
アルミホイルに替えて再点火,適当に様子を見ながら4〜5分。
1個だけ割ってみたら中がビミョーに生っぽかったから,焼き時間を少し伸ばして消火,余熱に置く。
グリルの火力による調整が慣れないと難しいのかなこれは。
おおむね予想通りに仕上がった。
外側さっくり,中ふんわり。
好みは全体的にさっくり,なのだけど。

グリルパンで焼くと,底が焼けすぎる気がする。
網に直接アルミホイルを敷いて生地を乗せた方がいいのかな。
生地はまだまだあるから,あらためて焼いてみよう。


追記:
網に直接ホイルを敷いて生地を置き焼くパターンは,グリルパンで焼いた時よりも焦げた。
特に底部の焦げがひどい。
ナイフでこそげて食べたさ……。

そこでようやく取扱説明書を手に取り,別売部品を調べる。
あるじゃないか専用プレート。
購入を決意。



cpiblog00098 at 12:09│Comments(0)TrackBack(0)スコーン 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔