January 20, 2012

採寸。

そうだね,もうそんな時期なんだねー。

別件でお話することのあった坊ちゃんの同級生ママさんを通じて『進学する中学校の制服など一式の「グループ採寸」を企画してくださってるかたがいらっしゃるから,参加しない?』というとてもありがたいお話をいただいたのが,先月。
先月はあまりにバタバタしてたから「返事は急がなくて良いし,当日飛び込みもOKって聞いてるよ」とのお話にすっかり甘えて年が明け。

さすがに,参加させていただくならお返事しないとダメでしょというそのときに,一家揃ってインフルエンザに見舞われ……(汗

ホントぎりぎりでゴメンナサイと心の中で手を合わせつつ,参加させてくださいとお願いして。


採寸に行ってきたのだった。

学生服,いろいろあって面白い。
基本は同じなんだけど,同じサイズでも細身やゆったりなどメーカーによって特色が。

それにしても,優柔不断なところはホント両親に似たね,坊ちゃん(爆
本人に選ばせようとすると,いきなり「どれでもいい」とか言い出したりなんかして,全然決まらない。
「親が勝手に決めてもいいけど,毎日着るのはキミなんだが?」
と詰め寄って(洋品店のおにーさんがビビる・笑)なんとか決定ということが多々。
ちょと先が思いやられるかもしんない。

体操服やらシューズやら上履きやら。
ここ1〜2年の発育傾向も訊かれた(人によっては訊かれないかもしれない
たぶん,その答えでこれから1〜2年(3年?)の成長度合いを予測して用品のサイズ傾向を薦めてくれるのだろうね。

そういう意味では,自分はかなり変わった部類に入ると思う。
母親がそういう人であったのと同様「必要であれば買い替えは厭わない」人のようだ。
あんまり意識して親をみていたわけではないのだけど,本当に必要なものは「どーにもならなくなるまで使い倒す」わけではなく(特に身に着けるものだし),おかしく見えることのないように必要なものは必要なだけ揃えてくれた。
制服の採寸とか中学も高校も当時のことはホント全然覚えてないんだけど,必要に応じて買ってもらった記憶はちゃんとある。
すぐ「次を買えばいい」という意識ではないし,裕福な家でもなかったけど。

自分はそれほど大きく身長が伸びた人ではないから,特に男の子である坊ちゃんの今後の成長具合についてはホント未知数で。
制服ってそれほど安いものではないから,できるだけ買い換えずにすむならそれに越したことはないのかもしれない。でも成長具合はそれこそ個人差が強いものだし,その成長具合を見越して大きすぎるものを購入しても,使う子どもが不便では意味がない。

というわけで(?)たぶんお店の人も驚いたんじゃないか(顔に出したりとかはされなかったけど)という自分の判断基準で,買い替え前提のものを選択,サイズを指定していったカタチになった。


さ,あとは通学用のカバンやらの小物だねー。
学生鞄は指定にないから,もって歩いてる中学生をみたことがない。
どーかするとその日必要な教科書類が2/3くらいしか入らなかった記憶があるから,それを思えば自由なのもいいのかもしれない。

でもさ,中学の先生……。
「ロッカーに入る大きさでお願いします」
は,いいんだけど……。

ロッカーの大きさが説明会でもらった要綱に記載されてなかったよ!




cpiblog00098 at 14:19│Comments(2)TrackBack(0)つれづれ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by windy   January 22, 2012 23:52
お久です。

うっわぁ〜もうそんなお年頃なんだねぇ。

カメさんのぬいぐるみ持ってた印象から育ってないよ〜

ウチのおチビも成人してるから当たり前っちゃ当たり前なんだけど・・・

こどもは育つのが早いとつくづく・・・( -。-) =3
2. Posted by rey   January 23, 2012 22:01
windy さん,コメントありがとうです^^
ご無沙汰を重ねております〜 m(_ _)m

> うっわぁ〜もうそんなお年頃なんだねぇ。
時の経つのは早いものです,ホント。

> カメさんのぬいぐるみ持ってた印象から育ってないよ〜
坊ちゃんと関わるかたは皆さんそうおっしゃる^^;
ほぼ幼稚園時のイメージで固まっちゃってる感じ
windy さんの場合は,さらにその前で
入園前のホント幼い頃のが強いかもですね〜

すっかりオッサンくさいオバサン(なんじゃそりゃ)になりました(笑
身長抜かれたし,声変わり始まってるし,ヒゲはえてきたし(笑
でも中身はあの当時のまんまなので
カメのぬいぐるみは相変わらず愛でてますっつーか
カピバラさんも大量にいたりしますです,ハイ。
思春期にさしかかった男の子でぬいぐるみ遊びするって
相当珍しい気がするんだけど…どうなんだろね?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔