November 30, 2011

最後でぽしゃったデニッシュ

しばしヘバってたのちに取り掛かったのが,ナゼかデニッシュ生地。
なぜかといえば,ちょっと前にオリンピアスライスを購入していたから〜
これ,以前も今回も「折り込みバター」て聞いて買ったのに,実はコンパウンドマーガリンだったのね。
知らなかったよ……

このとき と同じようにしてみたはずが……。

型から溢れたデニッシュクーロンヌ

大惨事。
思うところあって予熱なしで焼いたせいか,型からあふれんばかりに膨れ上がった。
そして型のフチからヨコ方面にびろ〜んと…
手前は15cm丸型,奥が10cmシフォン型なのだけど。
なんとゆーかもうね,飾る気も起きないくらいのびろびろ具合。

一応ね,パン自体はちゃんとデニッシュ生地してるわけよ。
型の中に入ってた部分がかーーなーーーり,しっとりでフツーにパン生地になっちゃったけど。
先に焼き固めないとダメなのか!

シフォン型のほうは成形に失敗して巻き込んだアーモンドクリームが表に流出(爆
全体的にフツーのパンのような食感になったという……

内部は層がない

唯一の救いは,半生の教訓をいかしてちゃんと焼き時間をとったことで,しっとりながらもちゃんと焼けたパンになった点。

……くらいか?


作らないとコツがつかめないけど油脂量と手間を考えるとあまり作りたくない種類だから,だいぶ悩ましいところだ。
ひょっとしなくても,フツーにクロワッサンで練習すればよかったんじゃないか?



cpiblog00098 at 09:58│Comments(0)TrackBack(0)パン 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔