January 13, 2011

コーングリッツワッフル

また本を衝動買いしてしまった。
     ワッフルワッフル
本間節子さんの本。
たまたま店頭で手にとって,パラパラめくったら作りやすそうに感じて(店頭にはその1冊しかなかったから)購入してきたけど,帰ってきてからよくみたらまだ出て間もない本みたい。
らっきー♪

コーングリッツのワッフル

立ち読みの段階で気になっていた,コーングリッツワッフルを作ってみた。
生地にもコーングリッツ,そして焼く前にまぶすのもコーングリッツ。
なんだかイングリッシュマフィンみたい〜なんて思いながら。

これまで作ってたリエージュワッフルみたいに捏ねない(泡だて器でぐるぐると混ぜて,さいごにゴムべらで混ぜる程度)のがちょっと不思議な感じ。

過発酵の割にはふんわりと

こちらは携帯百景に載せたものと同じ写真(携帯撮影)。
一次発酵中,室温がそれほど高くないからと別のことをしてたらそっちに夢中になってしまって存在そのものを忘れ,過発酵させてしまったのだけど(生地触ったらあったかいんだもん……異様だ)。
生地がふわんふわんになっちゃって,持ったら「てろ〜ん」としてしまったりもしたのだけど(ひょっとしたら牛乳もビミョーに多かったかもわからん)。
それでもこの断面。

甘くなく,いつものリエージュよりもパン寄りな食感(過発酵なせい?)だから,これは食事ワッフルにもいいかも〜。
ほかのレシピで作るのが楽しみになった。

あと今のところとても気になってるのは,生地で中身(ジャムやクリームチーズや板チョコなど)を包んでから焼くサンドワッフル。
しかし今家にあるのはクリームチーズだけだったりする。板チョコ買わないとーーー。

欲をいえば,溝の浅いタイプのワッフルベーカーもほしいなぁと思っちゃったりするけど,それこそ収納場所がないからがまんがまん。
ビタントニオは満足してるし(いーかげんポワソンプレート使ってあげなさい)。


cpiblog00098 at 18:42│Comments(0)TrackBack(0)ワッフル 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔