May 26, 2010

梅はじめ

昨シーズンは 梅干用の色づいた南高梅でうっかり発酵されてしまった。あれはあれでフルーティでおいしいんだけど,やっぱなんか違う。今年はちゃんと青梅で漬けようと生協の商品案内に載ったすぐを注文。和歌山県産の古城梅でスタート。

そろった♪

用意するのは,梅1kg,はちみつ2kg,ホワイトリカー200ml 入(これは余る)。
4リットルの保存瓶を熱湯消毒。半分ちょっとにしかならないんだけど,2リットル容器だと小さいんだよねたぶん。全部湯で埋めようと思うとやかん2回分だし一気に入れると割れちゃうから(本来は耐熱瓶じゃないしね〜),やかん1回分の湯を瓶の口から静かに全量入れて,普段からオーブン用に使ってる2枚重ねの軍手をはめた手でしっかり持ってゆすって湯をまわし,捨てて水切り籠に。
去年発酵されてなかったらいつもどおりホワイトリカーを適当に含ませたペーパータオルで拭くだけなんだけど。

小鉢か茶碗(坊ちゃんが幼児期に使っていた小さい茶碗を使った)に半分くらい(だいたい50〜80cc くらいになると思う)ホワイトリカーを入れ,洗ってへそ取りし水気をしっかりふき取った梅を1粒ずつくぐらせて,冷ました瓶に入れる。

そこにはちみつを流し込む。ボトルの口ひっかけて垂れてこなくなるまで放っといた。

上からホワイトリカーを50〜100ml(発酵止めの意味で。今回は100ml ちょっと入れた)入れてラップをかけて外ぶたをする。中ぶたは使ったことないなそーいや。

はちみつ漬け

これは一晩たったくらい。浸透圧の都合でもう色が変わりだしてる。
適当に様子見ながらゆすって濃度を整えながら,3ヶ月くらい待つ。梅を取り出して冷暗所に保存。量によっては消毒した別の瓶に移し変えたほうがいいかも。

これまでもったいないと思いつつ,1:2の漬け込みなもんで実がしわしわになっちゃうし,食べるトコあるのかなと捨ててたけどがんばって種からはずせば梅ジャムができると知ったので今年はやってみようと思う。


あと1週か2週で愛知産の梅が商品案内に載る予告があったから,それも買ってこちらは梅シロップと酵母起こしに使う予定。

去年漬けたはちみつ漬け(1:1のほう)はそろそろ使えるかなぁ。お菓子に使いたくて1年まった。1:2のと違って梅はふっくらしてるしシロップはさらりとしてる。楽しみだー。



cpiblog00098 at 12:11│Comments(0)TrackBack(0)つれづれ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔