April 18, 2010

韓家(かんや)

昨年度ほどでもなかったのだけど,やっぱり年度の初行事って緊張するものなのね〜。
「1年生さんははじめまして,2年生より上のひとたちにはにどめましてー! 今年もよろしくね〜」
ウケたんだかシラけたんだかよくわからない。くっくっく。

予想より早く帰宅できたんだけど,帰宅時にはまだあったごはん作る気がナゼか1時間後には喪失してしまってたので,相方が気にしてた焼肉店「韓家(かんや)」に行ってみよっかと。
名鉄豊田線の米野木駅から程近いところにある,以前は「浮雲亭」てお店だったところ。いつの間にやらお店が変わっていたようだ。そして以前より駐車場にとまってる車の数が多いらしく「一度は行ってみたい」という。

全体的な印象としては「焼肉屋」としてよりも「食事のついで(?)に焼肉」という認識のほうがいいのかも? という感じ。親子3人でガンガン頼んでガッツリ食べて1万円超えた(!

お肉が全体的にとてもおいしかった。
特製壷漬けカルビは骨付きかルビが壷漬け状態でハサミと一緒に出てくる。
焼肉屋にいくとついつい頼んでしまうテールスープは,どうも2人前前提っぽい。あっつく焼いた石鍋に入って,ぐつぐつしながら出てきてびっくり(もちろん取り分け用の器つき)。そのまま食べるとにんにくの効いた塩味。自分で作ったときの味に似てるけど,こっちのが断然おいしい。くやしー。サムジャンみたいな薬味入りの特製辛子味噌って言ってたかな,好みで入れてくださいっていわれた。これがまた辛いんだ。テール肉につけて食べたらおいしかった。
あとはタンと上ミノとロースと鶏のせせり。

焼き野菜と韓国風サラダとナムルを頼み,ナムル食べてたのにピビンバを食べるなぞの夫婦が。
ナムル盛り合わせは,ほうれん草とにんじんと山菜(わらびかぜんまいか食べてもわからない自分が嫌すぎる)ともやしの4種。山菜のナムルだけ甘辛く味付けしてあったけど,ほかのはすべてさっぱり味。自分で作るのより甘くない。これからはもっと砂糖減らして作ろうと思った。
続けて食べても飽きない味っていいね〜。どれもにんにく効いてるのがアレだけど。

ファストフード以外の久々のゆったり外食を堪能〜。
「ひさなが」のゆったり個室に慣れきってたからか店内の雰囲気にあまり落ち着かなかったけど,ここはまた行きたいお店のひとつになった。
スタッフさんみんな若いからお店の活気もあるしね〜。

うっかりサラダの肉を水のグラスに落っことしてしまってた(しかもしばらく気づかなかった)んだけど,水のお代わりを訊きに来てくれたおねーさんが気づくなりグラスごと取り替えてくれた。
焼肉屋でそーいう気遣いがあるって経験なかったからびっくりした(うれしい意味で

立地条件あまり良いとは言えないところにあるお店だけど(周囲に何もないし),繁盛すると良いな〜。



cpiblog00098 at 09:34│Comments(0)TrackBack(0)おみせ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔