September 17, 2009

ナントカ詐欺ってやつか?

昨日の夕方,謎の電話を受けた。

「ご主人の会社の上司の事業部長のハヤシといいますが」

「今日ね,ご主人『気分が悪い』って帰ったんだけど,もう着いとりますかね?」


……は?


中年以上な年齢の男性声だったけど,ナニこのあったま悪そーな説明調。
残念ながらこの日は相方に突然不調を訴えることになりそうな要素がなかったのと(一応観察はしてる),帰るなら帰るで一報入れる約束になってる(丸1日無連絡失踪の前科があるせい)にきてないのと,先日舅の以前の勤め先の方から連絡いただいたことを思い出したのとで,こう返してみた。

「父でしたら現在コチラには居りませんので,向こうへ直接連絡していただきたいんですが。」
(若干イラッとしてる)

「えっ,奥さんでしょ?」

「ヨメですが。」

だから奥さんでしょ?

「えっとね,ご主人の会社の上司の事業部長のハヤシなんですよ」

全然かみ合わない。
……「嫁」って『息子の配偶者』て意味だよね? 自分,間違ってないよね??

そもそも『ご主人の会社』ってドコなんだよ!!!

突っ込みたい衝動に駆られたところで,トートツに電話が切られた。
失礼なヤツだ。話,始まってすらいないじゃん。
相方に「こんな電話あったけど,誰か知ってる?」と問合せしつつ(返答は「だれそれ?」だった),我が家はナンバーディスプレイにしていないので,直前にかかってきた電話番号を問い合わせてみるとアナウンスは「番号を通知していないため,お知らせできません」と言う。
「会社の上司」がかけてくるのに非通知って考えにくくね?

てことでこの電話は詐欺系認定。
もしホンモノで舅宛だったら,すまん。たぶんありえないけど。ホンモノはもっと丁寧だ。

なんとかしてどっかからカネをむしり取ろうとがんばってるヘンなのが湧いてるようなので,自分も含めて皆さん気をつけましょうというお話。


しっかしうちに電話してくるのに「ご主人」とか「奥さん」だと誰のことかわかんないからきっちり特定してくれないと受ける側がものすごく困るんだよねー。
相手がちゃんと名乗らなくて「ご主人様いらっしゃいますか」とか「奥様ですか」とか言われたときはもう,面倒だから「いません。」て答えてる今日この頃。家は舅名義だから自分たちのものじゃないし,戸籍筆頭者は舅だし,そーいう意味では間違ってないはずだ! と力説したら相方に変な顔された。


cpiblog00098 at 12:30│Comments(0)TrackBack(0) つれづれ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔