April 21, 2009

ねぎま(葱鮪)

なんとなく葱鮪汁風。汁といえるほど水分量は多くないけど。

ねぎま(葱鮪)

やっぱねぇ,ねぎまのまぐろは腹身んとことかトロ部なんかの脂ののった部位が安く手に入らないとおいしーのできないね。
1ヶ月近く買物出かけるたびにまぐろ見てたけどなかなか思うようなのがない。どーにも食べたかったんで特価で出てた切り出し部を買ってきて作ってみたけどやっぱり赤身部が多いと加熱によってどーしてもパサパサになってしまう。

せめてと思ってしょうがを思い切り効かせてみた。あっさりサッパリ大人向け。
しょうがは効かせるものの基本薄味で。これ鍋にして〆に和麺(しっかりめの素麺とか)食べたらおいしいと思う。


坊ちゃんはやっぱりまぐろは刺身のが良いらしい。
でもきとねぎまのおいしーの食べたらちょこっとは意識変わるから!
今度お店の人に腹身部の行方を訊いてみよう……平ぺったい部は処分するなら売ってくれーーーと。


風味豊かな和風ねりスパイスを使ったレシピモニターへ参加中♪
参加中♪



葱鮪汁風の作り方は

■ねぎま

材料 4人分くらい
 まぐろ刺身用・・・・・・・・・・・・・450gくらい
 長ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・・いっぱい 〜1袋使用

 ☆酒・・・・・・・・・・・・・・・・・20cc
 ☆みりん・・・・・・・・・・・・・・・20cc
 ☆しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・60cc
 ☆だし汁・・・・・・・・・・・・・・・120cc 水+粉末だしでも。昆布系が◎
 特選生しょうが・・・・・・・・・・・・大さじ2/3〜大さじ1


作り方:
1.まぐろはひと口大に,長ねぎは4〜5cm長さにぶつ切りする。
  ねぎは斜め薄切りでも良いかも。

2.鍋に☆を合わせて煮立て,長ねぎを加えてしばし煮る。
  ねぎが煮えたら特選生しょうがを加えて溶きのばす。

3.まぐろを加えてあくを取りながら温める程度にさっと煮る。


4.たっぷり汁と一緒に器に盛っていただく。


♪手に入るなら腹身やトロなどの脂ののった部位で作るとよりおいしいです。
♪特に赤身は煮過ぎるとかたくパサパサになってしまうので注意が必要です。



cpiblog00098 at 09:36│Comments(0)TrackBack(0) ごはん 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔