November 25, 2008

ほうとう だけど赤味噌仕立て。

こんな寒い日は味噌味に限る。てんで,ちょっと前に「冷え込んだら作ろう」と思って買ってあったほうとう麺を出してみる。
“ほうとう”とは,山梨方面の郷土料理で小麦粉を練って作った平打ちの麺を野菜と一緒に味噌で煮込んだもの。でもこの“ほうとう”は麺である必要はないらしい。ということは,すいとんみたいにしても良いということかな。そのうちやってみよう。
名古屋の味噌煮込みうどんと違って,根菜類がたくさん入る。ちょうどいただいた大根もいっぱいあってどーんと食べたい気分だし,いっかなと。

ほうとう赤味噌仕立て相方はかぼちゃ入りを好まないのだけど「かぼちゃが入ってこそ甲州風ほうとうなんだから入れないでどーする。」とゴーインに投入。といっても今回はこれまたいただき物のすくなかぼちゃを使ったので,水分が多く崩れやすいから後の方で入れてさっと煮る程度にした。
そしたら「これくらいの煮え具合なら入っててもいいや」だと!? 煮崩れたかぼちゃがいいのに! どうにも相容れないナニかがあるらしい。

買ってきたほうとう麺は麺重量350g。
3人家族でおよそ2食分になった材料内訳といえば,大根小1本,にんじん中1本,里芋大5個,長ねぎ4本,白菜1/4玉弱,油揚げ4枚,鶏モモ肉1枚,豆腐1/2丁(あやうく1丁入れるところだった),かぼちゃ1/8玉(スーパーで売ってるかぼちゃサイズに換算)。欲をいえばしいたけなどのきのこ類がほしかったのだけど,買い忘れてて家になかった……。
きっと甲州味噌のがおいしいんだろうなぁと思いつつ,自家熟成の赤味噌(豆味噌)と麦白を混ぜてみた。赤味噌だけよりも風味がよくなるから,味噌汁を作るときもテキトーに混ぜてたりする。でもやっぱ基本が赤味噌だけあって,気分的には味噌煮込みうどんとあまり変わらない。

大きな鍋(ここ重要)にたっぷりだしをとって(今回はだしパックを使用)沸騰させ,煮えにくい野菜から順に入れて,また沸騰したところで葉ものとほうとう麺を加えて(パラパラと入れていかないとあっという間にくっつく……)麺が柔らかくなるまで煮,味噌汁より濃いめに味付けをして完成。
初めて作ったときは鍋サイズがよくわからなくて,麺を加えたらあふれんばかりになったという実績をもつ自分。以来,ほうとうのときは家でもっとも大きい鍋を使うことにしている(麺の量減らせばいいだけのような気がしないでもない)。

麺だけ先になくなっちゃったので,2食目は冷やごはんを足して雑炊に。


cpiblog00098 at 10:58│Comments(0)TrackBack(0)ごはん 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔