March 19, 2008

挑戦クロワッサン

パン作りをはじめて約半年,年末あたりから「やってみたい,作ってみたい」と思い続けながらなかなか思い切れなかったクロワッサン。当時はまったく意識になかった折り込みパンを作ることでなんとなく自信がついたか,ようやく重い腰をどっこいしょと持ち上げて,本を頼りに挑戦することにした。


折り込み用のバターを「冷たいままやわらかくするのがコツ」とあっても,自分のやった状態が「冷たいままやわらかく」なってるのかどうかが不安で不安で。
折り込みシートのときのように途中でぶつぶつ切れてたらどうしようとか,手際が悪くて生地にバターがなじんじゃったらどうしようとか。考え出したらきりがない。そしてこういうときに限って,そのテの悪い考えがどんどんあふれてきたりしてなー。

それでもなんとか,それらしく成形までいって二次発酵にこぎつける。
オーブン庫内はそれほど上げてないはずなんだけど,いかんせん相変わらず温度計を買ってないものだから測ることができない。ばかすぎる自分。
オーブンのサーモ機能なんて,アテになるようでならないんだもの。あとは自分の感覚とか勘が頼り。ニブすぎるのが難だけど。


初クロワッサンできあがってみれば,それなりにクロワッサンしてるじゃないか。なんとも謎な表現だけど。
一応,もっとも心配してた「バターロール様」にはなってない。
食感も,表面と端っこはパリパリでクロワッサンだった。切ってみたら中はバターロールになってたけど。
やっぱり途中でバターが生地となじんじゃったんだなあ。

どんなものでもいえるけど,何度も作ってみるしかない。面倒がらずにやらないと。



cpiblog00098 at 17:17│Comments(0)TrackBack(0)パン 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔