December 02, 2007

餃子まん

前日に餃子を作ったら,珍しく餡が多量に余ったので,中華まんに挑戦してみることにする。
今回参考にした材料は マリングルメ(美味しい愛情レシピ) サイトさんの 中華風蒸しパン 項。といっても,ラードはこのためだけに買うのもなぁと思ったので「サラダ油+ちょっとだけごま油」に置き換えて。中力粉は強力粉と薄力粉を混ぜることで解決。今回は薄力粉250g+強力粉50g。強力粉を増やすと餃子の皮と同じになっちゃう気がして。餃子の皮は自作すると強力粉:薄力粉が1:1のレシピが一般的っぽいもの。

餃子まん餃子用の味付けしかしてない餡に,醤油をどばどば足してみる。そのままだとしっかり固まってしまいそうだったから,片栗粉も一緒に混ぜる。
とはいえ,もともと自分の作る餃子餡は野菜のほうがはるかに多いから,それほど黄にしなくても良いのかもしれない。
若干作り方を端折って,8〜9cm角程度に切ったオーブンシートに乗せたあとはパン作りと同様にオーブンで2次発酵させることに。でないと全部が入りきらない。

蒸し器が現在家にないから,圧力鍋と付属のすのこを使って(普通の鍋で広げて使うタイプの蒸しざるを買ってみたけれど,あれは案外使い勝手が悪いと思った)1回で蒸せるのは最多で4個。その間に勝手に進む発酵。結果,なんだかものすごくふわふわな食感の中華まんが完成。
これはこれで悪くないけど。


中華風蒸しパン粉300g分でこねたものを12等分してあの大きさ(手のひらサイズ)。案外膨らむものなのね(発酵させすぎだったからかも)。
今回は皮が2個分余ってしまったので,以前バイト先の社員さんたちによく連れてってもらった中華屋さんで食べた中華風蒸しパンを思い出しながら,楕円に伸ばして蒸してみた。
熱いうちにオーブンシートごと半分に折って(生地が折れないようにするため),戻ってこないようにシートで包んで冷めるまで置いておいた。
焼豚はさんでもいいし,九州あたりの物産展で売ってた角煮まんみたいに角煮とかはさんでもいいかも。
でも2個じゃなぁ……


今回作ったものの難点といえば。
にんにく入りだから出かけない日のおやつか夕食にしかできないこと。

そして冷凍庫が満タンになること。

ああどうしよう。



cpiblog00098 at 22:11│Comments(0)TrackBack(0) パン | 甘くないおやつ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔